精子の音量が多ければもう一度したくなる

男性は普段、射精直後にはプロラクチンというホルモンの働きで賢者時間に突撃してしまうのですが、それは生物の牡としての本能の片影だとも言えます。生物の牡は性行為が終わってアッという間に、近くからの襲撃に備えなければならない結果、いつまでも肉欲を引きずっていては不安だからです。
ただヤツはそういう不安を考慮する重要は当然ありませんし、性行為は伴侶のレディースと共に満足を覚えてこそ、二人の系を望ましいものにこなせるです。なので賢者時間はできるだけ早くして、もっと言えば突入することなく、もっと行動に戻れるようになれたほうが望ましいと言えるでしょう。
そのための企画にはいくつかの予見のものが考えられます。例えば女性の方が頑張ってダディをその気持ちにさせたり、情況を入れかえることによってやる気を新たにしたりといったようにです。またダディホルモンは肉欲を向上させる働きがあるので、ダディホルモンが広がる効果が期待できるフードを積極的に採り入れるのもいいでしょう。そういった色々な方法の取り分け、断然効果があると言われているのが、ダディの精子のボリュームを多くするというものです。
現代の男性が性行為を行う目論見は、やはり子孫を繰り返すことだけでは乏しいのは確かなのですが、よりの子孫を残そうとする本能があるのも事実でしょう。そのため一度射精した下でも依然精子が残っているのであれば、賢者時間本能的にもう一度性行為に及びたくなることが考えられます。HMB入りのプロテイン