洗浄の循環

いちごのように黒いツブツブが際立つ鼻のお客様は、よごれているから潤沢洗い流したくなるでしょう。感情が焦ってしまうと1日に何度も洗い流したくなりますが、洗浄すぎもダメです。かえって鼻のドライを進めてしまう。

確かに皮脂変色は落とした方が良いですが、適度に皮脂を残しておいて下さい。皮脂には皮膚をドライから続ける困難規格があります。だから、シャンプー回数を付け足しすぎないようにください。洗えば洗うほど、皮脂が洗い流されてしまいます。

一番良いのは、朝晩の毎日2回です。普通ではないかと思いませんか。ナチュラルが皮膚にはちょうど良いです。午前、起きた場合石鹸などで洗いましょう。メークアップなどの変色がないので大して洗浄力が力強いシャンプー料金でなくて構いません。

夜は、メークアップなどの変色があるので、クレンジングください。日焼け止めを塗った場合もそうです。石鹸でとれる日焼け止めだけならクレンジングを使わなくても良いでしょう。よく強い力でゴシゴシ洗うことなく、やさしく洗って下さい。

表皮は、相当デリケートです。だから、表皮の水分ボリュームを減らさないようにください。年を追うごとに水分を持ち難くなりますから、皮膚の水分を奪わないように心がけましょう。参照ページ