更年期の抜け毛対策はイソフラボンが有効

更年期に差し掛かると女性ホルモンのエストロゲン分泌量が急激に低下することでホルモンバランスが乱れ、心身にさまざまな不調があらわれるようになります。ホットフラッシュや発汗、頭痛やめまい、むくみなどの身体的な症状のほか強いイライラや不眠・抑うつといった精神面の不調など更年期障害特有の症状に悩まされるようになるばかりか、肌や髪のトラブルも多発するようになります。中でも更年期に急に抜け毛が増え、薄毛の進行に不安を覚える人も少なくありません。薄毛の悩みは男性に多いという印象ですが、更年期の女性は髪の健康維持にも重要な役割を果たしている女性ホルモン量が激減するため男性ホルモンの影響を受けやすくなり、薄毛のリスクが高まってしまいます。抜け毛や薄毛は自律神経の乱れによる血行不良でも起こりやすくなることから、ホルモンバランスが崩れることで自律神経も乱れやすくなる更年期は双方の悪影響で髪へのダメージが倍増する恐れがあります。そのため分泌量を減らした女性ホルモンの働きをサポートする効能を持ったサプリメントの服用が抜け毛対策にも役立つことが期待されており、中でも有効と考えられているのが大豆などに含まれるポリフェノールの一種イソフラボンです。ディフェンセラの効果とは