メークアップがひずみない技術

汗などでメークが壊れない、ファンデーションの塗り方をご紹介します。
ファンデーションは本数が最も大切で、少なすぎたり、多すぎる場合もメーク失調の原因になってしまう。
クリエーターによって適量はことなる場合がありますが、基本的にはパール粒大としているので、手の甲にのせてから本数を確認するとよいでしょう。
ファンデーションの塗り者は、ほとんどパール粒大の根本を手の甲にのせます。
そして、予算、両頬、鼻、あごにのせますが、鼻とあごは少量のほうがよいです。
それから、中指と薬指の第二関節あたりにまでファンデーションをつけて、面構えの中枢からデコレーションにかけて、皮膚に密着させながら均一に伸ばしましょう。
あごは、首となじむように指しながら下に向かって伸ばし、予算は真ん中から生え際にかけて伸ばしますが、生え際の当たりは殊に丁寧になじませます。
鼻は、鼻筋と小鼻の周辺をのちから下に向かって伸ばして赴き、指に残るファンデーションを眼と目の際に軽く塗りましょう。
そして最後に、過剰な油分を押える結果、スポンジを使用してオールになじませますが、油分が浮き易い、髪の生え際や小鼻の身の回りは丁寧に食い止めることがポイントです。
基本的にファンデーションは、日焼け止めの後に塗りますが、皮膚のモイスチュアが不足していたり、油分が多すぎる状態れいになじまないので、皮膚の上っ面がべたべた控える周りに、保湿接待を行ってから塗りつけることが大切です。コチラ